【モンブランロールケーキ】作り方

しょっちゅうといった少し違うモンブランを作ってみてはいかがでしょうか。
ここではクリスマス等でも大人気のロールケーキを、モンブランとして処方を挙げてみたいと思います。
簡単に出来ると思いますので善悪作ってみてはいかがでしょうか。
本来はロールケーキ用の故郷も自家製した方が良いと思いますが、簡単に取りまとめるという事で、ここでは市販のロールケーキ用のカステラ故郷による処方を挙げてみたいと思います。

【ポイント】
・ロールケーキ用のカステラ故郷:1枚

>
・マロン貼付:100g
・生クリーム:200ml
・ラム酒:適量
・渋皮煮:適量

1.生クリームを作っていきます。
生クリームをボールに入れて、8パイ立て近くに泡立てます。
2.故郷の片面合計に生クリームを塗ります。
この時、生クリームは半ばほど残しておいて下さい。(後ほど栗のクリーム案件に使用します。)
3.故郷の巻き終わり部分は、生クリームを速く塗る様にするとキレイに巻き上がります。
4.生クリームを全体に塗り終えたら、渋皮煮を細く刻み、合計に散らばせます。
5.片隅から故郷をキレイに巻いて赴き、ラップで包んで冷蔵庫に入れて半ほど寝かせます。
6.残りの生クリームにマロン貼付を入れて、お好みの硬さになるまでとことん合わせます。
この時、ラム酒を適量加えるという芳香がかわいらしく出来上がります。
7.寝かせておいた故郷を冷蔵庫から引き出し、マロンクリームをロールケーキの偽造に塗っていきます。
モンブラン用の口金を使うといったモンブランっぽく出来上がります。
8.仕上げに、粉砂糖を振りかけ、渋皮煮を上に乗せて出来上がりだ。ミュゼ海老名の脱毛キャンペーンは低価格でお得です!